交通事故で弁護士を依頼するタイミングは?

 

交通事故は、巻き込まれたほうも、起こしたほうにとっても不幸なことです。
そのため、円滑に解決に導くために、様々な法律が存在します。

それにのっとって、示談に向かっての話し合いが進んでいくのですが、
いつも綺麗にまとまるとは限りません。

あくまで自分の主張のみを訴え、押し通そうとする困った人もいることでしょう。
そんなときには、法律のプロである弁護士に依頼するべきです。

相手が不当な主張を繰り返しても、法律にもとづいて指摘し、
交渉を有利に進めてくれるからです。

相手が弁護士というだけで、素直に折れてくれる場合も多いものです。
では、交通事故において、弁護士を呼ぶのにもっともふさわしいタイミングとは、
いつなのでしょうか。

それは当然ながら、早ければ早いほうがいいということになります。
事故直後から弁護士が、交通事故の状況を把握することができれば、
それだけ迅速に話を進めることができるからです。

しかし、交通事故直後は、誰しもがパニックになるものです。
もし、そのときは弁護士を呼ぶ余裕がないのならば、遅くとも、
示談交渉が始まる前に依頼しましょう。

なぜならば、一度示談が成立すると、いくら裁判などを起こしても、
示談をひっくり返すことは、たいへん難しいからです。

労力や費用も、余計にかかってしまいます。

ですから、周りの人に頼むなどして、できるだけ早期に依頼して、
納得のいく示談結果を導いてもらうことが大切なのです。

そうすれば、社会復帰も早まることでしょう。

 

Sponsored Links

メニュー