交通事故の手続きを弁護士に依頼するには

 

交通事故の被害に遭うと、被害者は加害者に対して
損害賠償を請求する権利を得ます。

これは、被った分の損害を金銭で填補する性質を持っています。

そして、それに加えて精神的な損害に対する慰謝料も請求できます。
これらは、加害者が保険に加入していれば、保険会社が変わって
支払うことになります。

最初は、被害者と保険会社の担当員との間で話し合いをして、
示談交渉を行うのが一般的です。

相手が任意に支払ってくれれば、裁判を起こす必要がないからです。
ただ、相手方が争って示談が成立しない段階になれば、
債務名義を得るために訴訟を提起しなければなりません。

交通事故の被害に遭った場合には、弁護士に相談して、
手続きを代行してもらうのが良いでしょう。

その理由は、交渉相手は法律に詳しい保険会社の人間だからです。
自分が無知であると、それに気づかず不利な合意を
形成してしまうことになります。

相手も専門家が相手となると、強引な交渉は行いません。
したがって、弁護士に依頼することで、交通事故の示談が成立しやすくなります。

仮に訴訟になっても、弁護士に依頼すれば適切な訴訟活動が
期待できるため、自分で行うよりも確実です。

弁護士に交通事故のことについて依頼するためには、法律事務所に行って
相談をすることから始めます。

次に、実際に仕事を依頼する場合は、被害者と弁護士との間で
委任契約を締結します。

そして、委任事項についてまとめた委任状を作成して、弁護士にのちの手続きを代理してもらいます。

 

Sponsored Links

メニュー