交通事故における弁護士の仕事は?

 

交通事故専門の弁護士の業務は、示談交渉や損害賠償請求について
相談をしてくる交通事故の被害者が受け取れる賠償金の額を
最大限に引き上げることです。

仕事内容としては、過失割合に関係してくる警察の実況見分時に
アドバイスをしたり、必要な書類の作成をしています。

また医療費や物損、休業補償の請求に必要な領収証や診療明細、
基礎収入のわかる公的証明などについて丁寧に説明してもらえます。

交通事故の被害者が加害者に賠償請求できる項目のひとつに、慰謝料があります。

慰謝料は被害者が精神的に受けた苦痛に対する賠償金ですが、
実費の医療費や物損修理代に対して精神的な苦痛という
性質上尺度化が難しいという特徴があります。

そのため交通事故の慰謝料には計算基準があって、
格差が生まれないよう図られています。

しかし、この基準自体が自賠責基準・任意保険基準・弁護士または
裁判基準とあり複雑です。

どの基準を使って計算するかで慰謝料額は大幅に変わり、
賠償金額をできるだけ抑えたい加害者サイドの保険会社は
一番安い自賠責保険基準で計算した慰謝料を被害者提示する可能性があります。

交通事故専門の弁護士は、加害者の保険会社が被害者に提示してきた
賠償金額をチェックし、不利な内容であれば正当に計算し直して再交渉します。

特に基準によって大きく金額の変わる慰謝料では、裁判の判例を参考にして
計算する弁護士基準で計算をし直して被害者が不利にならないよう交渉していきます。

また後遺障害が残ってしまうケースでは、障害分の慰謝料や逸失利益の額を
左右する後遺障害等級の認定申請について、医学的知識も使い
被害者にとって有利な申請をしていきます。

 

サイトマップのページ

 

Sponsored Links

メニュー