交通事故で保険会社提示の賠償額に不満なら弁護士へ

 

交通事故で、被害者は損害を補償する金銭を相手方に請求することが可能です。
ただ、実際の交渉は保険会社の担当員と行うことになるでしょう。

なぜなら、多くの人は任意保険に加入しているからです。
そして、保険会社は営利企業であるため、必ずしも示談交渉において、
被害者が満足できる賠償額を提示してくれるわけではありません。

また、交渉能力に差があるため、個人で交渉した場合に形成された合意は、
被害者に不利になってしまいがちです。

一番いけないのは、不満があるけれどとりあえず支払いをしてほしいということで
合意を形成してしまうことです。

そうすると、あとから蒸し返すことができなくなります。
そのため、不満があって納得することができなければ、そこで合意を形成せずに、
弁護士に相談するようにしましょう。

弁護士は法令や判例を熟知しているため、どのくらいの賠償額が妥当かについて
見解を提示してくれます。

そして、交渉を依頼すれば、なるべく裁判になった場合に請求可能な金額になるように
合意を形成するように努力してくれます。

交渉相手も、弁護士が法令や判例に基づいた主張をして来れば
反論できませんので、交通事故について自分で示談交渉をするよりも、
話がまとまりやすくなります。

このように、交通事故の示談交渉を弁護士に依頼すると、
法的見解に基づいた交渉をしてもらえて、話がまとまりやすくなるメリットを享受できます。

したがって、交通事故の賠償額に満足できない場合、弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

サイトマップのページ

 

Sponsored Links

メニュー