交通事故の後遺障害の相談は弁護士へ

 

交通事故で負った怪我が元で、治療が終わってからもいろいろな症状が
回復の見込みなく、また固定的に残ってしまうことがあります。

この固定症状で生活に支障が出たり、労働能力の低下が診断されると
後遺障害として認定されます。

障害として認定されると、通常の入院・通院の傷害慰謝料とは別に
後遺障害分の慰謝料が請求できます。

加えて、障害が残ってしまうことで労働能力が低下し将来の収入に
損失がありますから、その失う収入を逸失利益として賠償請求できます。

交通事故で障害が残ってしまった場合の慰謝料や逸失利益は、
障害の等級によって決まります。

等級というのは障害の内容や程度を1から14の級で示すもので、
数字が小さいほど障害としては重度です。

また1級と2級は、要介護状態の有無でふたつのランクに分かれています。
交通事故の後遺障害に関連する損害賠償請求をするには、
まずは障害の等級の認定を受けなくてはなりません。

交通事故の障害の等級認定申請の方法は、ふたつあります。
ひとつはは事前認定と言って、加害者の保険会社に全て任せてしまうやり方です。

もうひとつが、被害者が自分で手続きをする被害者請求という方法です。
障害の等級はその後の賠償金額の交渉に大きく関わるものなので、
内容を把握できない事前認定よりも被害者請求で申請した方が
納得のいく示談交渉ができます。

被害者請求をする際には、交通事故が得意な弁護士に相談するのが一番です。
交通事故に強い弁護士は障害の等級認定に関わる医学的な知識も豊富なので、
被害者に有利なアドバイスがもらえます。

また一旦認定された等級についても、不当な内容であれば弁護士に相談をすることで
再申請や不服申し立ての手続きをしてもらえます。

障害関連の賠償金で損をしないためには、交通事故専門の弁護士のサポートが必須です。

 

サイトマップのページ

 

Sponsored Links

メニュー