人身の交通事故で弁護士を依頼するメリット

 

人身の交通事故の被害者となってしまった場合には、加害者に対して
治療費や慰謝料などの損害賠償金を請求する権利が発生します。

この交通事故損害賠償金の交渉は、いわゆる示談交渉となり、
被害者と加害者が契約している保険会社との間で交渉が行われることになります。

この際、被害者側は弁護士を依頼したほうが得策と言えます。
示談交渉の代理を弁護士に依頼することのメリットは数多くありますが、
最大のメリットは弁護士に依頼しない場合と比べてより多くの
損害賠償金(特に慰謝料)を手にすることが可能となる点です。

そもそも加害者側の保険会社は、被害者に提示してくる損害賠償金の
算出を最低限度の補償である自賠責保険基準、あるいはそれに
少し上乗せした程度の任意保険基準の計算方法で算出してくるのです。

これに対して弁護士は裁判などで使用する『裁判基準の計算方法』で
損害賠償金を算出します。

この弁護士基準の計算方法はこれまでの裁判例を参考としており、
この計算方法によって算出される損害賠償金の額は他の二つの計算方法の倍近く、
あるいは倍以上の金額となるのです。

この交通事故における賠償金の算出方法以外にも、症状が残ってしまった場合の
後遺障害等級認定の際にも弁護士に依頼したほうが有利になると言えます。

また、保険会社との交渉がうまくいかず交通事故裁判となってしまった場合でも、
弁護士が頼りになるのです。

このように人身の交通事故の被害者となってしまった場合に弁護士に依頼することは
メリットが大きく、最終的には被害者に有利な内容で示談をすることが可能となるのです。

 

Sponsored Links

メニュー