交通事故の目撃者探しを弁護士に依頼する

 

交通事故に遭って、怪我人が出た場合は、ただちに救護措置をとって、
後に続く自動車に指示を出して危険を防止する措置をとってから、警察に速やかに通報します。

これら一連の動作は道路交通法で決められたドライバーの義務なため、
交通事故に遭ったときには警察に必ず通報をします。

通報を受けた警察は実況見分を実施しますが、それまでに被害者は
弁護士に連絡を入れておく必要があります。

交通事故の発生した状況を記録するために、警察は事故現場を撮影して
写真を残したり、ブレーキ痕がどのように道路に残っているかを記録したり、
目撃者や加害者、被害者、同乗者などに聞き取りを行いますが、
そのときには被害者にとって有利な証言ができる第三者が現場から
立ち去っている場合があります。

被害者にとって有利な証言ができる第三者がいない状態での
実況見分を基にして実況見分調書が作成されると、被害者にとって
不利な状況に追い込まれることになります。

そのため、被害者は連絡を入れたおいた弁護士に目撃者を探してもらう
作業を依頼することによって損害賠償請求が有利に進められる可能性が高まります。

当事者である被害者には人探しのノウハウはありませんので、被害者にとって
有利な証言ができる第三者を探し当てることは非常に困難ですが、弁護士は
人探しについてもノウハウがありますので、被害者当人が探すよりは、はるかに高い確率で
見つけてくれる可能性が高まります。

交通事故の目撃者探しは弁護士に依頼するのが一番良い方法になります。

 

 

 

Sponsored Links

メニュー