睡眠不足で交通事故を起こしたら弁護士に相談

 

交通事故が起きてしまったら、一番最初にやらなければならないことは
怪我人の救護と警察への届け出です。http://www.tongaconsul.org/

それに、できるだけ早い段階で弁護士に相談するのが安心です。
警察への届け出は、怪我が大したことがないとか物損だけだからといった
理由に関わらず必ず必要です。

警察では目撃者の内容や自己の状況を把握して、その交通事故の実況見分書を作成します。

そしてその交通事故に事件性がないと判断されれば、解決策について警察の介入はなく
事故の当事者間での解決に委ねられます。解決に向けて、交通事故の当事者どうしは
話し合いをします。http://www.kingnestproductions.com/

この話し合いが示談交渉で、当事者それぞれが被った損害額を計算したり
過失割合を決定しながら損害賠償請求の内憂や金額を話し合うものです。

過失割合というのは、交通事故が発生した時に被害者と加害者の
どちらにどの程度の不注意や落ち度があったかを割合で示す数字です。

損害賠償請求の金額では、実際に被った損害額のうち自分の過失割合分の
金額を差し引いて相手に賠償請求する仕組みです。

これを過失相殺と言います。
過失相殺の仕組みにより、交通事故発生時の自分の過失割合が大きいほど
相手に請求できる賠償金の額は少なくなってしまいます。

交通事故を専門に取り扱う弁護士は、相談者が受け取れる
賠償金の額を最大限に引き上げるのが業務です。

そのため、交通事故発生直後に弁護士に相談しておくことで
過失割合に関わる実況見分の場でも役立つアドバイスがもらえます。

睡眠不足で事故を起こしてしまったケースでは、事故直後に弁護士に一報を入れておくのが一番です。

 

Sponsored Links

メニュー